なにをかこうかしらん

脚色はしてしまうけども、嘘では ない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ジャンキー。

極道漫画にはまっている。肩こりがひどい。
ちなみに「代紋(エンブレム)TAKE2」というやつです。


そげんことよりもっとリアルな充実をしろよですが、相変われず。
この話題の乏しさっ…。

うーむ、。




まいっか。

夏休みの話をしよう。
もうずっと夏が来るたび夏休みをいただいている。学生という大義名分の効力。

小学生の時。小4か5。(もしくは両方なのかもしれない。)小学校のプールに一人で行ってた。そんでプールの底に沈んでそこから水面を眺める。音も無い世界の景色。ゆらゆらきらきら。その映像が真っ先に浮かぶとは、何故だ。あと死体ごっこもしたなとかは不謹慎なので慎む。(でも皆やったでしょうが。プカプカ浮いて監視の人だまそうとしたでしょうが。)


「友達いなかったのね」とか思ってないだろうから言う必要も無いけど、友達はいました。いや、カナブンとかアメンボじゃなくって。


友達の話。は、また今度。


「あ、アニキ、奴ら昔の話を出してきやがったぜ!!」
「フン、慌てるな。おおかた弾切れなんだろうよ。」


「(ギクッ!!)」



読んだ本
「パン屋再襲撃」(村上春樹)


スポンサーサイト

PageTop

海ウム生め。

今日は多くの人と出会ったので、頭が思考が定まりません。


海のことを書こう。

割と海の近くに家があるんだ。危険を冒せば5分で入水できるんだ。正規の道だと13分くらい。
だからといって海水浴なんかしたこともない。というか誰かと来たこともない。一人で散歩がてら来るくらい。それでも数回来ただけ。



一度散歩以外で訪れた。

去年の秋、9月か10月か。予備校帰り、その日描いた絵を持って海に来た。(危険な道で。)
そして破る。ビリバリ破る。

「バカヤロー」とは叫ばなかったし、紙を投げ捨てたりもしなかった。海に飛び込んだりもない。

ただその場で破った。んで持って帰った。

そうすることで別にすっきりもしないし、病み期から脱出もできなかった。(多分次の日も良い絵は描けてない。)その時の海の様子なんかも覚えてない。全くなんでその日そこに行ったのか分からない。ただその時期にそこに行った事実のみが残った。



昨日も日が暮れて散歩に行った。
海と陸との境をダッシュしたりワカメ飛ばしをしたり。楽しい。
そこには他にオッサンと犬がいたのだが、勝手に仲間意識を覚えた。この世界で同じものを共有している唯一の存在であるオッサンに話しかけたくなった。でもオッサンは私より犬と繋がっているようで、急激に孤独を感じたりもした。


海は何かしらの力を持ってますな。それに対抗するのは理性しかありません。マインドコントロールされないようにせねば。


海のこと書いてる時点で乗っ取られてんのかもしらんが知らん。




PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。