なにをかこうかしらん

脚色はしてしまうけども、嘘では ない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

あ ちゃんと履き替えてましたから。

学校に泊まることはよくあることだが、四泊もしてしまった。


テーマは自由。展覧会の形で発表せよ。という課題が出た。展覧会とは学校内(工房)で行い、学科問わず誰でも来場できる。

私はデザイン学科現代表現領域に属するのだが、同学年(2年生)の同領域は他に2人。つまり3人のグループ展。


今まではただ講評が行われていたが、今回は展覧会。フライヤー(ポスター)、会場設営、マップなどなど全て3人でこなさなければならない。加えて課題は「自由」(自由というテーマではなく自由設定)。一体どこから手をつけたらよいのか。



一ヶ月ちょっとの課題でしたが、まあ泣いた泣いた。今日の講評でも泣いた泣いた。私はドラマや本で泣くことはないのだが、自分のこととなるとすぐ泣ける。(当たり前か?)よく大泣くので泣くことが恥ずかしいとか(鼻水は別として)思わない。歳を重ねるごとに泣かなく(泣けなく)なるように思う中で、情けない、悔しい、悲しい、もどかしい…何かしら溢れ出して涙できるのは嬉しいことでもある。



まあいいや。




「みんなに失礼だ」

今日の講評で言われたこと。作品に対する自信がなく、ネガティブなプレゼンをしてしまった。

「作品に対して失礼だ」


折角つくったものに対して設置の仕方、ライトの当て方…「みせ方」はこれでいいのか?自分の作品に対する責任。ちゃんと面倒をみてやらないと。「見栄え」といえばそれだけのことだけれど、だけではない。同じ作品でも環境によって受け取り方は全然違う。先輩の言葉ですが、「絵画にしても壁に掛けているのと、立てかけているのとでは全然違う。」立てかけてあったらその隙間を覗いてみるだろう。平面作品ではなく立体作品なのかもしれない。今までも「みせ方は大事」と聞いてきましたが、初めてその重大さにドカンとやられました。展覧会の形でやって得られたことだと思う。



また今日までもやもやしていたことへの1つの答えが得られた。
それはコンセプトがなくとも作ればよいということ。「何故これをつくったのか?」がなくとも面白いものは、面白い。コンセプトを聞かされても面白くないものは面白くない。もちろん見た目が面白い上にコンセプトを知ってより面白いってものは素晴らしい。しかし「何だか分かんないけど面白いもの」、さらにそれが多くの人に共通の面白さであること。これは、すごい。どうやらそういう作家は大勢いるようで、その存在を知れたのは良かった。コンセプチュアルアートばかり追っていては苦しいだけであったかもしれない。



デザインだけではなく、油絵、彫刻科等のある学校であったこと、所属している領域が「面白いものみたいニーズ」の強い場であること、自分よりも知識経験の深い先輩がいる領域であること、話をする・聞くことが活発な場であること。知ってたけど改めて自分の居る場の良いところが分かって良かった。クソほど悩んで辞めようかと泣いたが、まだ続けようと思えて良かった。



久しぶりの家。休みます、お休みなさい。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。