なにをかこうかしらん

脚色はしてしまうけども、嘘では ない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

吐いてすっきりしないこともある。

P1020873_convert_20110218174149.jpg


杉本博司の「アートの起源/科学」行ってきた。(香川)


その間岡山の友達ん家と松山の従兄の家にお邪魔した。

その間特急列車(香川-松山)にて酷く酔った。大きく分けて二度吐いた。途中下車


十人十色の人生がありますなあ。なんだろう。



従兄には八ヶ月になる赤ちゃんがおって、無茶苦茶に可愛かった。なんて小さい爪、きらきら透明なよだれ。じっと見てくるかと思えばもう他に興味を移す。「うーば、あーばば」プクプクじゃのう。

従兄の家は愛で溢れていた。伯母さんも従兄もお嫁さんもヤマト君を愛して愛して「可愛いっ・・!」と連発。夜泣きが大変でも可愛い。バナナを吐いても可愛い。わしは子育てってストレスたまってヒステリーなるイメージでしたが、全く違った。超越した愛があった。

別世界のようでぐにゃぐにゃした。なんだろう。


あの世界が良いとかこの世界の方が優れているじゃなくって羨ましいとか優劣感でもないのだが。何をやりたいんだろうなあ。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。