なにをかこうかしらん

脚色はしてしまうけども、嘘では ない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

わんちゃ


私には破壊衝動がある。

それは中2のときあらわれてからずっと潜んでいる。
頭の中で壊すところを想像し、「やっちゃ駄目だ、絶対駄目だ、」と思う。思えば思うほど鮮明に壊すところをイメージしてしまう。

中2の1月から2月あたり、わけ分からない時期があって、未だに現実なのか妄想なのか、記憶がぐちゃぐちゃである。
ご飯を床に投げつけた記憶がある。その何日も前から投げつけるところを想像しながら食事し、こらえていた。家のお米はじいちゃんが育てたものである。大事に頂くべきである。
思えば思うほど衝動は強くなり、ある夜茶碗を床にたたきつけた。前後の記憶はない(都合のいいように欠けている)。

他にいくつかものを壊したが、特に食べ物を粗末にしたがった。
それは未だに表面近くに潜んでいて、危ない。何度もこらえる。


これは多くの人も持っている感覚だとか、茶碗一杯くらい大したことないとか、私も昔はやんちゃだったとか、思うとこはある。


それにしても
他人事のように自分をみたいとか何とか、客観的な視点とかかんとか、結局無理だわ。何様だし。
その衝動が現れたときはもうそれに飲み込まれちゃって何にも考えられない。全然自分本位。頭も体もべったりここにいて、他人の気持ちとかなれない。



そしてその衝動がパッとおらんくなったときの居心地の悪さ、孤独感。


それがいやで客観的云たらかんたらぬかして頑張っているのか。
離れれば離れるほど実は近づいているのではないか。

なんにせよ、悟れません。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。