なにをかこうかしらん

脚色はしてしまうけども、嘘では ない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ドリンクバー高すぎクリビツ

今日また思ったのは「好きに生きればいいんだな」ということ。

っていうと世界に1つだけの花をみつけようとする若者への批判がよぎる。

確かに「自分はかけがえのない唯一無二の自分である!」とは思いきれない。うん、自分なんて何でもない奴だ、と腹の底から思う体験をしたい。どっちつかずでぼやぼやしとるんじゃ。



一番近くのファミレスまで車で15分。5キロくらい。コーシー7杯とトイレ5回、3時間、\350。瀬尾まいこの小説(「僕の明日を照らして」)と松岡正剛の本(「フラジャイル」)を読みよった。
瀬尾まいこの小説は本当に読みやすい。こぼれるように読んでしまって不安になる。
松岡正剛のはあれもこれも知らんことだらけじゃと思い知らされる。20くらいの文献をあげられてかろうじて1つ知ってたくらいで焦る。

ほいじゃから万葉集やら日本書紀やら周五郎やらカフカやら読まにゃ思うて手に取ったんじゃけど、頑張らないと読めんな。


ジェンガっていうゲームみたいにやりたいんじゃけど、。これは無理ってとこは置いといて、いけそうなとこからコツコツたたいて抜くんじゃ。いけそうな分野から攻めるんじゃ。

たいがい、自分はせっかちで常に焦っておる。「みつめる鍋は煮えない」けぇの、鍋を何個も火にかけとかんとの。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。