なにをかこうかしらん

脚色はしてしまうけども、嘘では ない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

睡魔と興奮の乱

昨夜はビアガーデンに行ってきた。




現代表現専攻の方々によるプロジェクト━広島アートプロジェクト2010━の説明会という名の飲み会。(いやちゃんと説明もあった。)ちなみに私はそのボランティアスタッフとして参加しようとしているのです。
そうして行ってみると1年生はなんと自分含め3人。何てこと。


まあ状況説明はいいや。

そんな中でも2年生やら3年生やら4年生やら博士課程の人やら卒業生やらヤラヤラ話せた。


卒業生で一期生の人がいた。話すといっても経験値の大きな差のためなかなか自分の意見というものがあやふやだと気づかされて何を言ったか覚えてない。それでも彼は彼のイメージを彼の言葉で我々に伝えてきたのです。それに対して発展させなきゃ損だ。



「誰に評価されたいのかってのは考えるよね」


評価されたい相手。しかも自分の土俵にそいつを引きずり込んでから、だ。

じゃあ自分の土俵って何なんだ?それはやっぱ自分が楽しくてやってること。誰にも明かさずひっそりこっそりニヤニヤやってること。とか。その他様々。これからだ。

一度やって→何やってんだこいつ
二度目に→まーだ馬鹿なことやってるよ
三度目に→「お前何やってんの。こうしたらどうなの。」


ほらね引きずり込んだ。



まあそんなこんなで朝を迎えた。寝ず。

知らんとこで、大勢の知らん人と話すなんて、恐怖です。でもそうやって足を動かして口を動かして得られるものってあるのよね。そうしないと得られないものってあるのよね。タダじゃくれない。



別にたいそうな思想やら確固とした意思やら持ち合わせてない私は、「どう思う?」なんて聞かれた時すぐさま返答できなかったり、返答しながら違和感を覚えたりします。だからトークってのは怖い。どんどん自信がなくなります。

しかしながら今日
「ウチヤマさんはちゃんと話せてるよ」
と言われました。

どういうことか。
その人とはまあタラタラと美術のことやら、卓球やら兄やらソリティアやら、そんな熱く話してた感は無く、「頑張って起きてて下さい」いいながら欠伸しながら過ごしてた。
隣で4年生が真剣話を繰り広げる中、「わしは強い意思・意見ないなあ」と思っておった。


「ちゃんと話せてるよ」


いやそんな自分の考えとか話せてないすよっ。


「会話成り立ってる時点で話せてるから。そんなねぇ、自分の考えとかばかり話されても「はぁ?」じゃん」


……なんか年上の上の人と話すとき、「自分の考え言わなっ」ってなっていたのかもしらん。言うことも大事だ。聞くことも大事だ。けども何か複雑に語る必要なぞないのか。出会ってすぐ「僕の思考」なんて題の作文読んだって何になるの。

ただそう思う反面、出会ってすぐ、名前も知らん相手と語り合えるのってこの世界の特権なのかとも思ったり。美術だったり学生だったりの、特権。(いやもちろんそれ以外の世界だって各々特権はあるだろうが。)



何だか何が言いたいのか分かりますか?


あきらめも肝心、抗いも肝心。絶対も相対も肝心。けど肝心ばかりじゃつまんねえ。不必要な無駄なものもつまむ。変な友達作る。

「まだそんな山登りよるんか」思われながらも目の前の山に登るしかない。「サーフボードはいらん」言われても持って行きたいんじゃけえ背負うしかない。水捨てようともこれだけは離さんばい。



フームと考え悩むけど、どうやらそんな人は五万といわずいるようで、自分だけじゃないのよフーム。






こんなグジャグジャの脳にショボショボの目玉でちょっくらハンドル握ってくるわ。
プリーズギブミー免許。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

そーなん?
宇品の?
山口修平君(洗濯物の絵のにいさん)が作品出すみたいよ。
「じゃがいもの皮」にパンツがいっぱいなんよ。

↑バイトおつかれー。
何でも経験するのはええことじゃ。

riri | URL | 2010-08-25(Wed)21:43 [編集]


Re: ririさん宛

宇品というのは分かりませんが、「吉島」です。(って宇品?)

山口さん!
あの洗濯物の絵、、また見たくなってきた。何故だろ。
そして意味深な科白を…(じゃが皮パンツいっぱい)。。

なんじゃろか。

uchi。 | URL | 2010-08-25(Wed)22:16 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。