なにをかこうかしらん

脚色はしてしまうけども、嘘では ない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

見方とか感じ方とかの話しない。

棚卸しというのをご存知だろか。

タナオロシ。


そのバイトを二日間してきました。750円毎時。山口県じゃざらですから、広島の時給率と比べないであげて。


とにかくひたすら商品の数量カウントしていった。バーコードの数字なんかも確認しつつ。

熱中しすぎないことと、無意識にならないことがコツではないかと思われる。もうほんと、何見てるのか分からない、機械音がピーピー鳴り響く空間でここはどこやってなりかねん。それはそれで良い感覚ですが。



割と気楽に数えたほうがいいぜよ。1234567891011121314…
ではなく、
いちにいさーんし、ごろくなな、はーちきゅ、…

みたいな。




まあ殺虫剤の粉吸い込んだり、トイレットペーパーのフレアな香りに包まれたり、面白い環境でした。





このような対モノの単純作業はつまらないかもしれない。やりがいも無いかもしれない。けども楽で良いよな、と思っていた。生みの苦しみがないから。


やってみて、結構あなどれない腰の痛みなんか伴うけれど、やはり苦しみ方は違う。どちらが苦しいかなんて比べる気は無くなったけれど、どちらも変に楽しいのが困ったものだ。あれ?





控え室にいた金魚は、今も狂った泳ぎをしてるのでしょうか。クソ垂れ流して生きてるんでしょうか。

あげなとこでもワイルドに生きてるのね素敵。



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。