なにをかこうかしらん

脚色はしてしまうけども、嘘では ない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

じんわり

ある一家&アメリカ人と食事をした。

自分は旦那さんと知り合いで、奥さん息子アダムさんとは初対面。


そもそもの始まりは私が英語を喋れるようになりたいがため。旦那さんが「アメリカ人と飲むけど来る?」と誘ってくれたのです。そしてその場に奥さんと息子が来た形です。(実際は違うのかもしれないがまあいいや)



このように書くと、憧れの社交性を身にまとっているようですが、実際はそんなことなくて、相当戦っています。
人と話すのは怖い。話した後に内容をぐるぐると反すうさせて、言ったこと言わなかったことに思いを巡らせて叫ぶ。今更どうにもならんわよ。




4人以上で話すのが苦手というかできない。下手な聞き手にまわり続け、苦笑いする自分。"あれ、俺なんでここにいるんだ?" "いる必要なくね?"とか思ってどきどきします。何かしら発言しなきゃとか足掻くこともあれば、ただただ自己嫌悪になることもあれば、。


3人いると会話ってのは成り立つと思う。だから私は"4人目"になった気がして、どうにもこうにも完成されたものにどうして手を加えられるの?



一対一だと、もう自分も何とかしない訳には会話が立ってくれないから苦しい時も声は出すし出る。


4人以上に対する恐れ。




こいつを何とかしたくって、時々戦っています。連敗だけどフッ。




まあいいや。




とにかく私は気兼ねなく人と接したり出来ませんし、心理学なんかも知りませんし、生きてたらこうなってしまった結果が今の自分なんで上手いこと話せたりパスタ食べたり出来ません。


今日は一対一でも会話が成り立ちませんでしたが、嫌な気になっていません。気を抜くと「質問しすぎたあああああ」とかなりそうなのは無視したい。

ただ途中で本をパタンと閉じたように会話が終わってしまったのは。ただのショックである。



まあいいや。

勝手に閉じてもいいので今度は会話したい。十年後でも五日後でも。






今日の生ぬるい夜気はまだ体内に残っているようで。
朝には消えてしまうだろうよさらば。



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010-09-06(Mon)08:27 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。