なにをかこうかしらん

脚色はしてしまうけども、嘘では ない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

あーもう罵倒する対象がいない嘆き

今日(昨日)は色々あったがなかなかに良い気分で帰宅していた。


のに、もう最悪である。



痴漢にあった。くそう


遅くに電車で帰ってた。寝てた。ハッと気づいた時には横に座ってたおっさんがジーパンの上から太もも触ってた。


きっっっつもち悪!!!!!!!!!!!

しかも丁度電車が駅について逃げられた。



わしは前にも一度痴漢にあっています。
すれ違いざまに右尻を触られたのですが、その時は頭真っ黒になって声も出ませんでした。夜の下校時でした。そこから家にたどり着くまでの30分くらい、何も考えられなかった。ただいつもより視界が暗かった印象がある。「たかがケツを触られたくらい」、と思う。がしかしその後何ヶ月間も人が右側をすれ違う時ビクッとした。今でもすれ違った後そっと振り返って安全を確かめる時がある。そんくらいショックでした。そういう事実が信じられない。


それから防犯ブザー常備したり、次は声を出そうだとかのイメトレだったり、電車は車掌室のある車両に乗ったり。あああああああああああああ今日は油断したのか悔しい。



もうこれから電車で隣に座る人を選ばなければならないのか。風呂に入っても記憶された感覚は抜けず。気持ちが悪い。ある小説の言葉を頂くと、「痴漢は死ね」。痴漢が死んだら冤罪で捕まる人もいなくなる。「世の中の痴漢は全て死にました」ってなったら、痴漢自体が存在しなくなったら、。



許していない人からの身体への侵害は、なんて気分が悪いのだろう。たかが服の上から触られただけでこんなにも乱されることを、なんで想像できないのだろう。いやできているくせにやるのならもう本当に理解が出来ない。気持ちが悪い。





なんなんだよ

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

なんだと…

そんなことがあったのか…
それであんな疲れた顔してたのか…

怖かったろう(´;ω;`)
従者として一緒に帰りたいよ
いつでもウチん家泊まって良いけんな!

みきてゐ | URL | 2010-10-26(Tue)02:28 [編集]


Re: みきてゐ宛

あ、どうもすいません。もっとよく考えてブログupすべきだった。。

怖かったというかとにかく気持ちが悪い。


そして疲れ顔は染み付いて離れない。もはや素顔です。

uchi。 | URL | 2010-10-26(Tue)06:37 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。